RSS

スラユット首相、支持率低迷・努力は評価

2007年3月12日(月) 11時55分(タイ時間)
【タイ】私立アサンプション大学(ABAC)が3月3?4日、バンコク首都圏で実施した世論調査(回答者1420人)によると、スラユット政府の支持率は31.3%、不支持は4.2%で、「どちらでもない」が64.5%を占めた。

 スラユット首相の支持率は37.1%で、2月下旬調査の34.8%からやや上昇。タクシン前首相の支持率は26.5%で、大卒以上で17.5%と低く、以下では30.1%だった。

 「スラユット首相が国家・国民のために努力している」との回答は73.1%で、「そう思わない」の21.2%を大きく上回った。「現政府が1年の任期満了まで務めるべき」も70.8%に達した。

 政党支持率はタクシン前首相が創設した愛国党22%、前野党の民主党16.1%、国民党4.2%だった。
《newsclip》