RSS

チャオプラヤ川で魚が大量死

2007年3月13日(火) 00時35分(タイ時間)
【タイ】テレビ報道によると、タイ中部のアントン県とアユタヤ県で11日から、チャオプラヤ川の魚が大量死し、養魚場の魚が全滅するなど被害が広がっている。農業・協同組合省によると、水中の酸素の欠乏が原因。アントン県では今月3日、砂糖650トンを積んだ貨物船が沈没しており、県庁などが、大量死との関連を調べている。
《newsclip》