RSS

天然ガス燃料の都バス導入見送り、タイ運輸省

2007年3月13日(火) 11時32分(タイ時間)
【タイ】タイ運輸省は天然ガスを燃料とするバンコク都バス2000台の購入計画を破棄した。前政権が昨年2月に承認、235億バーツの予算を組んだが、現政権は優先度が低いと判断した。

 バンコク都バス公社(BMTA)は運賃を低く抑えているため慢性赤字で、100億バーツを超える負債を抱えている。運行しているバスは3623台で、このうちエアコン付きが1949台。
《newsclip》