RSS

トヨタ、タイの第3工場で開所式

2007年3月13日(火) 14時00分(タイ時間)
【タイ】トヨタ自動車は13日、タイの3番目の生産拠点となるバンポー工場(東部チャチュンサオ県)の開所式を行った。タイのシリントーン王女を来賓に迎え、トヨタの豊田章男副社長、タイトヨタの園田光宏社長らが出席した。

 バンポー工場は投資額約150億バーツ、年産能力10万台で、今年1月に稼働を始めた。IMVシリーズのピックアップトラック(ハイラックス)を製造し、タイなど世界90カ国以上に供給する。環境保護に関する最先端の技術を導入しており、アジアにおけるトヨタの環境モデル工場として位置付けられている。

 タイトヨタの年産能力はバンポーの稼動で計55万台になった。生産車種は「ハイラックス」、スポーツ・ユーティリティ・ビークル(SUV)の「フォーチュナー」、乗用車の「カムリ」「カローラ」「ソールナヴィオス」「ウイッシュ」「ヤリス」。

〈IMV〉
世界規模で最適な生産・供給態勢を構築するプロジェクト。現在タイを含め9カ国でピックアップトラック3車型、ミニバン、SUVを製造している。
《newsclip》