RSS

アルカーイダ、03年にバンコクでテロ計画

2007年3月16日(金) 13時51分(タイ時間)
【タイ】英字紙バンコクポストによると、米国防総省が14日に公開した国際テロ組織アルカーイダ幹部ハリド・シェイク・ムハンマド容疑者の審問記録で、アルカーイダが03年に、バンコク都内とバンコク国際空港(ドンムアン空港)でテロを計画していたことが明らかになった。計画に携わっていた東南アジアのテロ組織ジェマイスラミア(JI)のナンバー2、リドワン・イサムディン(通称、ハンバリ)容疑者が同年8月にタイ中部アユタヤ県で逮捕されたため、計画は実行されなかったという。

 欧米人がよく訪れるバンコクのナイトクラブの爆破と、ドンムアン空港から離陸するイスラエルのエルアル航空機の携帯式地対空ミサイルによる撃墜を狙っていたもよう。テロの標的についてはハンバリ容疑者の逮捕後、空港と都内の米系ホテルが狙われていたと報じられた。

 ムハンマド容疑者はキューバのグアンタナモ米海軍基地に収容され、10日に審問を受けた。同容疑者は、9.11同時多発テロ、バリ島のディスコ爆破など複数のテロ事件に関与したこと、米ウォールストリートジャーナル紙の男性記者を自ら斬首したことを認め、タイ以外に、インドネシア、オーストラリア、日本、インドなどの米国およびイスラエル大使館の攻撃を計画していたことも明らかにした。
《newsclip》