RSS

マラッカ海峡で通行料徴収構想

2007年3月18日(日) 09時35分(タイ時間)
【東南アジア】マレーシア、シンガポール、日本の海事関係者はこのほど、マラッカ海峡の安全に関するシンポジウムで、安全対策の財源確保に向け、船舶から通行料の徴収すべきとの提言をまとめ、マレーシア、シンガポール、インドネシアの各国政府に提出することを決めた。マレーシア紙ニュー・ストレーツ・タイムズが報じた。

 マレーシアの海事関係者は「仮に1トン当たり0.01リンギの通行料を取れば、4億米ドルの財源を確保できる」と指摘した。
《newsclip》