RSS

タイ南部のイスラム学校襲撃、2人死亡

2007年3月18日(日) 11時32分(タイ時間)
【タイ】タイ字紙コムチャットルク(電子版)などによると、17日夜、南部ソンクラー県のイスラム教寄宿学校が武装グループの襲撃を受け、12歳と14歳の少年が死亡、8人が負傷した。犯人は手りゅう弾を投げ込んだ上、自動小銃を乱射した。

 現場周辺では事件後、襲撃をタイ軍兵士の犯行とする地元住民数百人が、タイ軍の撤退を求める抗議集会を行っている。

 タイ南部では14日、イスラム過激派とみられる武装グループが旅客バンを襲撃し、乗客の仏教徒タイ人8人を殺害した。その後、仏教徒、イスラム教徒双方の住民が殺害される事件が相次ぎ、地元では、イスラム過激派とタイ軍の報復合戦という見方が広がっている。
《newsclip》