RSS

リビエラとCSKファイナンス、ハノイで大規模不動産開発

2007年3月21日(水) 16時10分(タイ時間)
【ベトナム】ベトナムの現地紙報道によると、不動産投資会社リビエラコーポレーション(東京都港区)とベンチャー投資会社のCSKファイナンス(東京都港区)は20日、ハノイ市郊外のトゥーリエム区に高級ホテルを建設する認可を取得した。投資額は5億ドル。敷地面積は4ヘクタール。今年9月に着工し、2010年第2四半期の完成を見込む。

 また、神奈川ベトナム経済交流協会、リヴィエラ、CSKの三者は同日、住宅と商業施設の複合開発1カ所(ハノイ市ドンアン区)、ゴルフ場2カ所(ソクソン区、タインチー区)に投資を行う内容の覚書をハノイ市人民委員会と結んだ。3件の投資額は合計で5億米ドルで、来年着工する。
《newsclip》