RSS

入院中の男性が死亡、死者30人に=バス炎上事故

2007年3月22日(木) 10時23分(タイ時間)
【タイ】20日に中部サラブリ県で起きたバス炎上事故で、入院中の男性1人(40)が21日に死亡した。死者は計30人で、男性13人、女性15人。2人は遺体が焼けただれ、性別が識別できないという。

 警察によると、事故直前にバスの前部から煙が上がり、乗客が停車するよう求めたが、運転手が無視して走り続けたところ、ブレーキが故障し、路肩に突っ込み炎上した。

 タイは直線で平坦な道が多く、高速走行中のバスが衝突事故を起こし、一度に10人を超える死者が出ることも珍しくない。居眠り運転、飲酒運転や薬物による無謀運転も後を絶たない。
《newsclip》