RSS

東洋製罐、ベトナム合弁工場が稼動

2007年3月22日(木) 15時30分(タイ時間)
【ベトナム】国営ベトナム通信によると、東洋製罐(東京都千代田区)の合弁会社、アジア・パッケージング・インダストリーズは20日、ベトナム南部のビンズオン省に建設した飲料用アルミ缶工場の操業を開始した。投資額は3900万米ドルで、面積は7.1ヘクタール。年産能力は4億5000万個で、70?80%は国内向け、残りはカンボジア、ラオス、タイに出荷する。

 同社への出資比率は東洋製罐が45%、香港のダブリン・スチールが55%。
《newsclip》