RSS

世界一の滝 コーンパペーン

2007年3月22日(木) 17時49分(タイ時間)

ラオス南部にシーパンドンと呼ばれる地域がある。

ドンは「島」と言う意味。そう、4千の島が浮かぶと言う意味だ。
前大統領シーパンドン氏はここの出身。

このあたりではメコン川の川幅が急激に広くなる。
そこに4千の島があるというのだが、実際は島というか、ただの草が束に生えているだけ。


実は10年前からココに行きたくてしょうがなかったのだが、2回チャンスを逃して、
ようやく訪れることが出来たのは、2004年暮れ。

昔、旅行者はラオスからカンボジアへ抜けることが出来なかったため、
ここまで来てまたパクセへUターンというコースだったのが、
今回行ってみて、カンボジアの国境が開通していたこと、
非常に道がきれいになっていたこと、に驚いた。


で、写真のコーンパペーンの滝。
小学生のころ、学研から出ていたひみつシリーズの「自然のひみつ」を読んで、
ラオスに世界一の滝があることを覚えていた。

それがこの滝である。

何が世界一かというと、「横幅」。
紙面でも、ものすごく地味に紹介されていたのまで覚えている・・・
《newsclip》

特集