RSS

タイのドンムアン空港、25日に再稼動

2007年3月24日(土) 15時26分(タイ時間)
【タイ】昨年9月末に閉鎖されたバンコクのドンムアン空港が3月25日、再開港した。当面はタイ国際航空と同社系の格安航空会社ノックエア、地場系格安航空オリエント・タイ・エアラインズ(ワン・トゥー・ゴー)の3社が国内線を1日140便運航、1.8万人が利用する見通しだ。

 ドンムアンの正式空港名は「バンコク国際空港」から「ドンムアン空港」に変更された。空港コードは新バンコク国際空港(スワンナプーム空港)が「BKK」、ドンムアンが「DMK」になる。

 ノックエアとオリエントは全便をドンムアンで運航する。タイ航空は国際線と接続している北部チェンマイ、チェンライ、南部プーケット、クラビの11便をスワンナプームで運航し、他の国内線30便がドンムアン発着となる。

 北部スコータイ、南部サムイ島などの便があるバンコク・エアウェイズとチェンマイ、プーケットなどに運航するタイ・エアアジアはスワンナプームを拠点とする。

 タイ航空はドンムアンの再稼動に合わせ、バンコク地下鉄ラープラオ駅にチェックインカウンターを設ける。出発の3時間前までチェックインが可能で、午前4時から午後8時まで同駅とドンムアン空港を結ぶシャトルバスを運行する。
《newsclip》