RSS

古河電池、タイ子会社出資比率を95%に

2007年3月29日(木) 15時43分(タイ時間)
【タイ】古河電池は3月28日、自動車・二輪車用鉛蓄電池を製造するタイ子会社サイアムフルカワの株式24%を合弁相手のタイ王室系素材大手サイアム・セメント(SCC)から追加取得し、持ち株比率を95%に引き上げたと発表した。取得額は約3億8000万円。

 サイアムフルカワは中部サラブリ県で年産能力300万個の工場を運営。06年の業績は売上高19億バーツ、最終利益700万バーツだった。古河電池は同社を通じ、タイの新車搭載電池の供給拡大、インド、インドネシア市場への拡販などを目指す。
《newsclip》