RSS

カオサン通りで発砲事件、タイ人男女4人死傷

2007年4月1日(日) 21時11分(タイ時間)
【タイ】タイ字紙タイラットによると、31日午前2時ごろ、バンコクのカオサン通りの飲食店「モリーパブ」で発砲事件があり、20?30代のタイ人男女4人が銃傷を負い病院に運ばれた。このうち39歳の男性は搬送先の病院で死亡した。

 客同士のケンカから、死亡した男性に男がけん銃数発を発砲した。事件当時、店内は百人近い客で満員で、男は銃声で逃げ惑う客、店員に紛れ逃走した。

 目撃者によると、男は以前カオサン通り周辺を担当していた警察中尉で、店のガードマンは入店時の所持品チェックを行わなかった。この警官は別件で停職中で、近く復職する予定だったという。

 カオサン通りは外国人旅行者向けのゲストハウス、飲食店などが密集し、ここ数年はタイ人の若者の人気スポットになっている。
《newsclip》