RSS

訪タイ外国人、アジアからが激減

2007年4月3日(火) 15時02分(タイ時間)
【タイ】タイ観光業者協会(ATTA)の会員企業が1?2月にバンコクのスワンナプーム国際空港で受け入れた外国人旅行者数は48万2055人で、前年同期を11.1%下回った。政情不安などでアジアからの旅行者が落ち込んだ一方、欧州からが急増した。

 国・地域別で最も多かったのは中国人で前年同期比14.1%減の7万1411人。次いで日本(20.7%減、5万8386人)、韓国(33.4%減、5万5704人)、英国(48.8%増、3万8462人)、ロシア(33%増、3万2552人)、ドイツ(14.1%増、2万808人)、台湾(25.4%減、1万8189人)、香港(34.8%減、1万8255人)、インド(2.5%減、1万2900人)、シンガポール(44.3%減、1万1315人)。
《newsclip》