RSS

日系投資会社APF、タイで買収攻勢

2007年4月3日(火) 23時12分(タイ時間)
【タイ】タイの日系投資会社APFホールディングスは3月7日に明らかにしたアユタヤ銀行(BAY)系列のリース会社グループ・リース(GL)の買収を記念するパーティーを2日、バンコク都内のホテルで開催した。パーティには日タイの企業関係者、投資家ら約1000人が集まった。

APFによる上場企業の買収は昨年1月の中堅証券会社ユナイテッド・セキュリティーズ(US)に続き、今回が2社目。昨年11月以降、グループ企業のAPFマネジメントを通じ株を買い進め、今年3月時点で37%を取得していた。

 タイでは上場2社を買収したケースは珍しく、パーティ後の記者会見では報道関係者から今後の投資動向についての質問が相次いだ。APFの此下益司会長兼最高経営責任者(CEO)は、「本日と同じようなパーティを年内にあと2回開きたい。タイでは金融、不動産セクターに注目している」と述べ、タイで積極的な投資活動を継続する考えを示した。

 APFは1981年設立。タイなどアジア諸国で37件の投資を展開し、資産規模は900億円。
《newsclip》