RSS

ベトナム国土の21%が地雷危険区域、ユニセフが指摘

2007年4月5日(木) 12時53分(タイ時間)
【ベトナム】国連児童基金(ユニセフ)は4日、ベトナム全土の21.1%に当たる600万ヘクタールに地雷60万トンを含む各種爆発物が埋蔵されているとの報告をまとめた。

 報告書は、1975年のベトナム戦争終結後、2000年までに地雷や爆発物事故で4万2135人が死亡し、6万2163人が負傷したと指摘。2000年以降も毎年数百人が死傷しているとした。

 これに関連して、米国のベトナム参戦勇士共済会は、ベトナム戦争中に米国が埋設した地雷や爆弾は1500万トンに上り、少なくとも10%以上がいまも残存していると指摘している。
《newsclip》