RSS

タイ熱延コイル大手SSI、冷延鋼板メーカーへの出資拡大

2007年4月6日(金) 01時34分(タイ時間)
【タイ】タイの熱延コイル大手サハウィリヤ・スチール・インダストリー(SSI)は5日、冷延鋼板メーカー、タイ・コールド・ロールド・スチール・シート(TCRSS)への出資比率を現在の8.77%から40.14%に引き上げると発表した。JFEスチールと丸紅からTCRSS株31.37%を約35億バーツで買い取る。

 TCRSSはSSI、丸紅、日本鋼管などの出資で設立され、97年の経済危機で、日本側に経営権が移っていた。現在の出資比率はJFE38.42%、丸紅37.57%。年産能力は120万トン。

 SSIの昨年決算は、総売上高381.8億バーツ、最終利益26.9億バーツだった。
《newsclip》