RSS

ホーチミン市、不動産急騰に懸念

2007年4月6日(金) 09時40分(タイ時間)
【ベトナム】ホーチミン市天然資源環境局はこのほど、不動産価格の急騰を受け、地価を適正水準に抑えることを求める報告書を市政府に提出した。タインニエン(電子版)が伝えた。

 同市では株価急騰と歩調を合わせ、特に7区、2区、9区、ニャーベー区、フーミーフン区、南サイゴン区などで不動産価格が急上昇している。これは投資家が値上がりを見越した転売目的で不動産を購入していることが背景とされる。

 同局のチャン・テー・ゴク局長は「不動産価格の上昇は異常な事態だ」とした上で、「政府は市場を規制する責任がある」と指摘した。

 ゴク局長は「個人的意見だが、住宅開発事業のスピードアップで物件供給を増やす必要がある」との見方を示した。
《newsclip》