RSS

タイ病院大手バムルンラード、シンガポールの人工透析会社買収

2007年4月6日(金) 15時14分(タイ時間)
【タイ】タイの私立病院大手バムルンラード・ホスピタルは5日、51%出資する子会社バムルンラード・インターナショナルがシンガポールの人工透析サービス会社アジア・リナル・ケア(ARC)の全株を7000万ドルで取得すると発表した。

 ARCは台湾、シンガポール、マレーシアなどアジア6カ国・地域に人工透析設備を持つ。患者数は現在4400人。昨年の業績は、総収入5360万ドル、最終利益329万ドルだった。

〈バムルンラード・ホスピタル〉
バンコク都内スクムビット通りソイ3で東南アジア最大規模の総合病院を運営。主要株主はバンコク銀行/ソーポンパニット(陳)財閥、アラブ首長国連邦の投資会社Istithmar、シンガポール政府系投資会社テマセク。昨年の業績は総収入が前年比16%増の79億バーツ、最終利益が5%増の11億バーツ。
《newsclip》