RSS

マレーシア政府、たばこの割引合戦に待った

2007年4月7日(土) 11時13分(タイ時間)
【マレーシア】マレーシア政府は、たばこ会社が割引競争で顧客離れを防ごうとしていることについて、チュア・ソイレク保健相は「2週間以内に値下げをやめるように」とJTなどたばこメーカー3社に指示した。従わなければ、政府はたばこの最低売価を設ける方針だ。

 チュア保健相は「政府はたばこ税を引き上げることで、価格値上げを促し、国民の喫煙を減らそうとしている。政府の努力はたばこメーカーの挑戦を受けている。値下げは不合理なレベルに達している」と不満を表明した。

 マレーシアでは最近、定価7.5リンギ(255円)の20本入り紙巻きたばこが5リンギ(170円)で売られるケースが出ている。
《newsclip》