RSS

ベトナム政府、石油小売価格の統制を廃止

2007年4月7日(土) 16時46分(タイ時間)
【ベトナム】ベトナム政府は6日、石油小売価格に対する統制を廃止し、石油販売各社に自主的な価格決定を認める政令を発表した。トイチェー(電子版)などが伝えた。

 政府は今後、四半期ごとに関税率を調整し、石油各社の利ざやを監督していく。石油各社は、政府の関税調整に沿う形で、小売価格を決定することになりそうだ。

 ベトナム政府は、原油相場の騰落が小売価格に与える影響を防ぐため、価格を統制し、補助金の補填で石油製品の安定供給に努めてきた。昨年の補助金額は8兆—9兆ドン(5億—5億6000万米ドル)に上っていた。
《newsclip》