RSS

マレーシア人民運動党のリム党首勇退

2007年4月9日(月) 15時14分(タイ時間)
【マレーシア】国営ベルナマ通信によると、マレーシア与党連合に属し、華人を支持基盤とする人民運動党(ゲラカン)は8日、臨時全国代表会議を開き、26年にわたり同党を率いてきたリム・ケンヤク(林敬益)党首(68、エネルギー水利通信相)の辞任を承認した。リム党首は党特別顧問に退き、当面はナンバー2のコー・ツー・クン(許子根)副党首(58、ペナン州首相)が党首代行を務める。

 この日はリム氏の68歳の誕生日。党首として最後の演説に立ったリム氏は、壇上で「最後まで泣かなかった」と気丈さを見せたが、席に戻ると感極まって涙をハンカチでぬぐった。
《newsclip》