RSS

10点満点中4.53、タイ暫定政府に低評価=バンコク大学世論調査

2007年4月9日(月) 21時46分(タイ時間)
【タイ】私立バンコク大学が3月20日—4月2日、バンコク首都圏の18歳以上を対象に実施した世論調査(回答者1171人)によると、スラユット内閣への満足度は10点満点中4.53で、3カ月前の調査の5.27から低下した。点数は「経済」が4.13と最も低く、最も高い「政治・行政」でも4.69だった。

 「昨年9月のクーデター後、国の状況がよくなった」との回答は16.7%止まりで、「変わらない」が32.6%、「悪化した」が29.9%。スラユット内閣の過去半年の業績を「期待以上」と評価したのは5.7%で、「期待と同程度」が28.7%、「期待以下」が36.4%を占めた。
《newsclip》