RSS

台湾中華電信、ベトナム投資計画を否定

2007年4月10日(火) 22時45分(タイ時間)
【ベトナム】台湾通信大手の中華電信は10日までに、同社がベトナムの携帯電話会社モビフォンの株式3?5%を1000万米ドル以上で取得するとした一部報道を否定した。

 中華電信のIR担当者は「モビフォンといかなる協力関係もない。報道は不正確だ」と述べた。

 モビフォンの最大株主であるベトナム郵電公社は外国企業に最大20%のモビフォン株を放出することを計画しているとされる。
《newsclip》