RSS

シンガポールの閣僚給与25%アップ、首相年収2億4200万円

2007年4月10日(火) 22時45分(タイ時間)
【シンガポール】シンガポール政府は9日、閣僚と政府幹部公務員の給与を平均25%引き上げると発表した。これにより、リー・シェンロン首相の年収は現在の246万シンガポールドル(1億9300万円)から309万シンガポールドル(2億4200万円)に引き上げられる。このほか、ナーザン大統領の年収は319万シンガポールドル、ゴー・チョクトン上級相とリー・クアンユー顧問相の年収は304万シンガポールドルとなる。

 公共サービス担当閣僚のテオ・チーヒエン国防相は国会で、引き上げ理由について、
「競争力がある給与を支給してこそ、有能な人材が政府や公共部門に定着する」と述べた。
《newsclip》