RSS

シンガポール、航空機への液体持ち込みで新規定

2007年4月12日(木) 11時46分(タイ時間)
【シンガポール】シンガポール航空当局と空港警察は11日、チャンギ国際空港で旅客が搭乗時の手荷物として機内に持ち込む液体に関し、新規定を発表した。新規定ではすべての液体、噴霧剤、ジェル状物体を機内に持ち込む際には、100cc以下の容器に入れた上で、透明なビニール袋に入れなければならない。もし袋に入っていない液体があれば、規定違反となり、機内への持ち込みはできない。

 ただ、医薬品、乳児用食品(ミルク、粥、果汁、粉ミルク)などは対象外で、飛行時間内に必要とされる分量に限り持ち込める。
《newsclip》