RSS

台湾富士康、大型投資前に駐在事務所

2007年4月12日(木) 11時49分(タイ時間)
【ベトナム】台湾電子大手の鴻海精密工業傘下の富士康科技集団(フォックスコン)は、ベトナムでの大型投資に向けた準備を進めるため、バクニン省に駐在事務所を近く開設する。同社はバクニン省、バクザン省で総額50億米ドルの投資を計画している。また、来月にも子会社「フォックスコン・ベトナム」の設立認可が下りる見通しとなっている。

 クエボ工業団地にある新工場用地(面積1万1000平方メートル)では、5月1日に着工式が予定されている。また、中部、南部でもハイテクパークの建設を予定している。
《newsclip》