RSS

ホーチミンの水道補修事業で、5陣営が事前選考通過

2007年4月12日(木) 11時54分(タイ時間)
【ベトナム】ベトナム・ホーチミン市の水道管補修事業で11日までに、フィリピン、香港などの業者が事前選考を通過した。同事業は水道水の漏えいを減らすために実施されるもので、契約期間は6年間。

 選考を通過したのは、▽比複合企業アヤラ・コープ傘下のマニラ・ウォーター▽香港のバイウォーター・マンリー(百沃特文利)▽タイ・ベトナム企業によるイースタン・ユニバーサル・ユーティリティーズ・アンド・ウォーター&エンバイロメント▽マレーシアのサルコン・エンジニアリング、オーストラリア系のワイドベイウォーター、シンガポール・ユーティリティーズ・インターナショナルの3社陣営▽シンガポールのリーチュン・コンストラクションズ、パンアジアウォーター・ソリューション、シンガポール・ベトナム合弁のビワシーンによる合弁企業で構成する陣営?。

 同事業はベトナム企業と共同で進めるもので、水道水の漏れを10%減らし、1日当たり12万5000立方メートルを利用可能な水道水として確保する。
《newsclip》