RSS

列車に銃撃、軍が少年3人射殺・タイ深南部

2007年4月16日(月) 02時39分(タイ時間)
【タイ】14日、タイ深南部ナラティワート県を走行中のタイ国鉄(SRT)の列車が銃撃を受け、国鉄職員と乗客の少女(5)が足を撃たれた。SRTは事件を受け、ナラティワートとヤラーの間の運行を15日から停止した。

 隣県のパタニーでは13日、タイ軍兵士がイスラム教徒の子どもに発砲し、13—14歳の少年3人が死亡した。軍は、少年らが放火現場から逃走したため銃撃を加えたとしている。

 深南部ではタイからの独立を掲げるイスラム過激派と治安当局の抗争が激化し、テロ関連の死者は過去3年で2000人を超えた。13—15日の水かけ祭り(ソンクラン、タイ正月)の最中も発砲・爆破事件が頻発し、死者は3日で10人以上に上る。
《newsclip》