RSS

シンガポール地下鉄工事現場で不発弾

2007年4月19日(木) 11時50分(タイ時間)
【シンガポール】シンガポールの地下鉄環状線ブキブラウン駅工事現場で18日午後、工事関係者が地中から不明物体を掘り出したと上司に届け出た。調べた結果、長さ30センチの迫撃砲弾と分かり、軍の不発弾処理班が出て処理を行った。

 工事関係者は不発弾と知らずに砲弾を事務所に持ち込んでいたため、大騒ぎとなった。不発弾は第2次世界大戦当時のものとみられる。
《newsclip》