RSS

タイも日本化?性交への意欲薄く=デュレックス調査

2007年4月19日(木) 15時49分(タイ時間)
【タイ】「デュレックス」ブランドの避妊具メーカー、英SSLインターナショナルが26カ国の2.6万人を対象に実施した調査によると、年間の性交回数が最も多い国民はギリシャで164回だった。2位はブラジル145回、3位はポーランドとロシアで143回。日本は48回で他を引き離し最下位に沈んだ。

 タイ人は年間性交回数が108回と世界平均の103回を上回ったが、「性交は重要」との回答は世界最低の38%(世界平均59%)、「性生活がエキサイティング」も42%にとどまった。

 「性生活に満足している」人は世界平均で男性43%、女性45%で、ナイジェリアが67%でトップ。以下メキシコ63%、インド61%、ポーランド54%と続いた。最下位は日本で15%。フランスも25%にとどまった。タイは35%(男性37%、女性33%)だった。

 「通常、オーガズムに達する」は世界平均48%で、男性が64%と女性の倍。タイは54%。性交1回の所要時間は世界平均18分に対し、タイは16分だった。
《newsclip》