RSS

バンコクランド、大規模展示場IMPACTの40%売却

2007年4月20日(金) 00時26分(タイ時間)
【タイ】大手デベロッパーのバンコクランドは19日、バンコク北郊の大規模展示場IMPACTムアントンタニを運営する子会社インパクト・エキシビション・マネジメントの株式42.2%を、ジュータランド社(ケイマン諸島)に70億バーツで売却すると発表した。売却で得た資金は債務返済に充てる。ジュータランドの詳細は不明。

 インパクトは1.2万人収容のアリーナ、コンベンションセンター、展示場などからなるタイ最大級のイベントスペース。

 バンコクランドは香港、タイなどで不動産、時計・眼鏡店チェーン、外食店、バンコク高架電車BTSなどを手がけるカンチャナパート(黄)財閥傘下。90年代前半にはタイの不動産最大手だったが、90年代後半の不動産不況、経済危機で経営破たんした。負債総額は昨年末時点で約240億バーツ。
《newsclip》