RSS

「製造原価が中国より安い」タイ3割、ベトナム6割超=ジェトロ調査

2007年4月22日(日) 10時12分(タイ時間)
【アジア】日本貿易振興機構(ジェトロ)が06年11—12月に東南アジア諸国連合(ASEAN)主要6カ国、インド、中国、韓国、香港、台湾に進出している日系製造業企業を対象に実施したアンケート調査(有効回答数1332社)によると、2006年の営業損益が黒字だった企業は回答数の71.5%で、05年の75.6%を下回った。タイは76.5%、ベトナム58.2%、中国67%、インド78.4%だった。

 中国との製造原価の比較では、ASEAN6カ国の日系企業の33%が「進出先の方が安い」と回答し、特にベトナムは62.5%に上った。タイは30.1%、マレーシアは15.1%、インドは16.7%だった。

 今後5—10年に製品の販売先として力を入れる予定の市場としては、中国(337社)、インド(281社)、タイ(281社)、ベトナム(229社)が上位を占めた。
《newsclip》