RSS

ベトナム沿岸の油漂着、流出源は複数か

2007年4月22日(日) 17時55分(タイ時間)
【ベトナム】ベトナム沿岸の広範囲にわたり、油が漂着していることについて、地域により成分に差があることから、流出源は複数ある可能性があることが分かった。サイゴンザイフォン(電子版)が報じた。

 専門家の調査によると、中部地域に漂着している油は、硫黄分が少なく、パラフィンの含有量が多いもので、ベトナム沖で産出するものとは異なるという。また、南部のバリアブンタウ省に漂着している油は他の東南アジア諸国で産出する原油と似ているという。
《newsclip》