RSS

マレーシア到着ビザで不法就労、2万人拘束状態

2007年4月23日(月) 09時38分(タイ時間)
【マレーシア】マレーシアのラジ内相は22日、到着ビザで入国した外国人による不法就労や不法活動が急増し、2万人以上の身柄を拘束していることを明らかにした。各地の収容施設はパンク寸前の状態という。

 マレーシアは昨年9月、観光振興を目的に到着ビザの発給対象国を拡大した。入管当局が先月、バングラデシュ人1810人を摘発したほか、警察は中国、インド、パキスタンからの入国者の不法就労が目立つとしている。
《newsclip》