RSS

タイムの「最も影響力がある100人」、国王記述めぐりタイ政府が抗議

2007年4月26日(木) 11時10分(タイ時間)
【タイ】米誌タイム(電子版)がネットで投票を募っている「世界で最も影響力がある100人」の候補者の1人にタイのプミポン国王が選ばれた。国王の得票数は26日午後1時(タイ時間)時点で27.6万票と、韓国の人気歌手RAINを押さえ首位に立っている。

 英字紙バンコクポスト(電子版)によると、タイ外務省は、投票サイトに掲載されている国王のプロフィールに関し、「昨年9月のクーデターは国王の支持なしでは成功しなかった」との記述は誤りと指摘。タイム側はこれを受け、記述の一部を変更した。ただ、サイト内のサウジアラビアやブータンの国王の名前には「国王」という称号が表記されているのに対し、プミポン国王は「プミポン・アドゥンヤデート」とのみ表記されている。外務省はこれにも抗議したが、タイム側は変更に応じていないという。

 「影響力がある100人」の候補者は、ブッシュ米大統領、女優のアンジェリーナ・ジョリーさん、マイクロソフトのビル・ゲイツ会長、「スーパーマリオブラザーズ」などを開発したゲームクリエイターの宮本茂氏ら203人。タイからは国王のほかに、軍事政権トップのソンティ陸軍司令官が選ばれている。
《newsclip》