RSS

ハノイ—ラオカイ間の鉄道改良、仏政府が借款供与

2007年4月27日(金) 09時25分(タイ時間)
【ベトナム】国営ベトナム通信によると、フランス政府は25日、ベトナムの首都ハノイと中国国境のラオカイを結ぶ鉄道の改良工事の財源の一部として、3100万ユーロ(約50億円)の借款を供与した。同区間は延長283キロで、2012年に完成予定。橋の架け替え、駅舎改築、新型の機関車導入などに充てる。

 改良工事の総工費は1億6000万米ドルで、フランス政府以外に、同国の対外援助機関「フランス開発局」が3200万ユーロ、アジア開発銀行が6000万米ドルの借款を供与する。フランス政府が旧植民地のベトナムにおける鉄道改良事業を資金援助するのは、ハノイ?ビン間、ハノイ都市鉄道に続き3件目。
《newsclip》