RSS

タイが相続税検討、税率は1—5%

2007年5月4日(金) 15時16分(タイ時間)
【タイ】タイのソムマイ副財務相は4日、相続税の導入法案を立法議会(軍事政権が任命、国会に相当)に提出することを明らかにした。税率1—5%、年間の税収100億—120億バーツを想定している。

 タイには相続税がなく、貧富の差の固定、拡大の一因となっている。相続税は過去にも何度か議論されたが、導入が具体化したことはない。

 政治家を例にとると、閣僚の資産総額はタクシン政権が平均7億バーツ以上、スラユット政権でも2億バーツ以上。一方、タイの1世帯当たりの平均年収は20万バーツ程度で、スラユット政権閣僚の平均資産を稼ぎ出すには1000年かかることになる。


関連記事
タイの世帯月収平均1.8万バーツ、04年から9%増加
《newsclip》