RSS

ベトナム産醤油に発がん物質、欧州委が指摘

2007年5月5日(土) 14時06分(タイ時間)
【ベトナム】欧州委員会の食品科学委員会はこのほど、ベトナムの醤油メーカー「ビテック・フード」の製品に高レベルの発がん性物質「3-MCPD」が含まれていると指摘した。フィンランドに到着した製品からEU基準(1キログラム当たり0.02ミリグラム)を超える同9.4ミリグラムが検出されたという。トイチェー(電子版)が伝えた。

 これについて、ビテックフードはベトナム保健省に対し、「確かな証拠がない指摘だ」と不満を表明している。また、同社が直接製品をフィンランドに輸出した事実はなく、偽造品の可能性があると主張している。
《newsclip》