RSS

真っ白グランドモスク

2007年5月5日(土) 16時22分(タイ時間)

 オマーンにあるモスクのうち、イスラム教徒以外の立ち入れる場所というのはほとんどない。

 シーブ国際空港から程近い、スルタンカブースグランドモスクは、一般公開されている数少ないモスクだ。ただし、入るには女性はスカーフなどで髪を隠し、手足の肌もすべて隠さなくてはいけない。

 このモスクは、2001年に完成したばかりの新しいものだ。世界中から選りすぐった豪華な素材で、これでもか、というほどきらびやかに作られている。モスク内部にある巨大シャンデリア(確かドイツ製?)は、下を通るときに落っこちてきやしないかと思うほど。

 あまりの豪華さに、アッラーは偉大なのかもしれない、とついつぶやく。

公開は金曜日(オマーンでは金曜日が週末)以外の午前8時から午前11時まで。
《newsclip》

特集