RSS

中小養豚業者がCPビル前で集会、価格下落に抗議

2007年5月8日(火) 12時13分(タイ時間)
【タイ】タイのアグロインダストリー最大手ジャルーン・ポーカパン・フーズ(CPF)のバンコク本社前で8日、中小養豚業者約200人が抗議集会を行った。集会参加者は、CPFが豚肉を市場価格より安く販売し、中小業者を圧迫していると主張。国営テレビ局チャンネル9などが報じた。

 関係者によると、CPFなど大手が豚肉の生産能力を拡大した結果、昨年後半から供給過剰に陥り、値崩れが起きたという。

 CPFはタイ、中国などで通信、小売り、オートバイ生産などを手がけるCPグループ傘下。食肉、飼料の生産が中心で、昨年の年商は1275億バーツだった。
《newsclip》