RSS

マレーシア北部に横断油送管構想

2007年5月8日(火) 22時59分(タイ時間)
【マレーシア】マレーシアのアブドラ首相は7日、マレー半島北部を横断する油送管の建設計画を認可したことを明らかにした。運営会社はトランス・ペニンシュラ・ペトロリアム社で、投資額は70億米ドル。海賊被害が相次ぐマラッカ海峡を経ずに中東原油を南シナ海側に送ることが可能となる。ニュー・ストレーツ・タイムズ(電子版)が伝えた。

 油送管の延長は312キロで、クダ州ヤンかクランタン州バチョクに至る。工事は3期8年間にわたる見通しで、初期投資は20億米ドル。毎日200万バレルを輸送可能。
《newsclip》