RSS

横浜ゴムがタイのタイヤ工場拡張、投資額70億円

2007年5月10日(木) 12時12分(タイ時間)
【タイ】横浜ゴムは10日、タイ工場の乗用車・ライトトラック用タイヤの生産能力を2009年度中に現在の倍の年280万本に拡大すると発表した。投資額は約70億円。

 第2工場の第2期工事では、第1期と同様、小規模一貫生産方式を採用する。小規模一貫生産方式は、着工から操業開始までの期間が短く、投資規模も小さくすむため、市場動向をにらんだ柔軟な投資戦略が採れるという。

 横浜ゴムはタイ東部ラヨン県アマタ・シティー工業団地に工場を設け、05年4月からトラック・バス用タイヤ、06年11月から乗用車・ライトトラック用タイヤを製造。将来的にはタイを海外最大の総合タイヤ生産拠点にする方針だ。
《newsclip》