RSS

タイの競争力ランク、55カ国・地域中33位=IMD調査

2007年5月10日(木) 12時43分(タイ時間)
【タイ】世界トップクラスのビジネススクール、IMD(スイス・ローザンヌ)がまとめた世界の55カ国・地域の2007年競争力ランキングで、タイは06年の29位から33位にランクを下げた。「インフラ」「ビジネスの効率性」に対する評価が低く、今後の課題には、投資家の信頼回復、物流コストの削減、労働力の質の向上、法整備や司法システムの改善などが挙げられた。

 ランクは各種統計と企業経営者らの意見をもとに作成した。07年のトップは米国で、2位シンガポール、3位香港。日本は06年の16位から24位に転落し、18位から15位に順位を上げた中国に抜かれた。アジアの他の国・地域は、台湾18位(06年17位)、マレーシア23位(同22位)、インド27位(同27位)、韓国29位(同32位)だった。
《newsclip》