RSS

米旅行雑誌のホットリスト、タイは「The Eugenia」など

2007年5月17日(木) 21時32分(タイ時間)
【インドシナ】米有力旅行雑誌コンデナスト・トラベラーの2007年の「ホットリスト」に、タイからはホテル部門で、バンコクの「The Eugenia」「Dream Hotel」、プーケットの「Aleenta Resort」など8館、スパ部門でバンコクの「ESPA」、パンガーの「Aleenta Spa」など6店、レストラン部門でバンコクの「Breeze」——が選ばれた。

 タイの近隣国では、カンボジア・ケップのビーチリゾートホテル「Knai Bang Chatt」、ヒマラヤの雪山を望むミャンマー北部カチン州プタオのホテル「Malikha Lodge」といった通好みの宿がリスト入り。

 ベトナムは「The Nam Hai」(ホイアン)と「La Résidence Hotel & Spa」(フエ)がホテル、スパの両部門で、マレーシアはスパ部門で「Anggun Spa」(クアラルンプール)と「Spa Village Cameron Highlands Resort」(パハン)が選ばれた。

 ホットリストはデザイン、サービス、雰囲気などが秀でたホテルなどを年1回選ぶ企画。11回目の今年は世界各地のホテル138館、スパ75店、レストラン95店、ナイトクラブ25店がリストアップされた。
《newsclip》