RSS

プロトン、代理店補償で政府に資金支援要求=マレーシア

2007年5月18日(金) 16時34分(タイ時間)
【マレーシア】販売不振にあえぐマレーシアの国産車大手プロトンは、不採算の販売代理店の廃業補償金を賄うため、同国政府に1600万リンギ(5億6900万円)の支援を要求した。ニュー・ストレーツ・タイムズ(電子版)が伝えた。

 プロトンは当初、代理店側に15万リンギの補償を提示したが、交渉がまとまらず、同社は金額を30万リンギに増額した。
廃業する代理店は全国に約100社あるが、提示額を受け入れたのは36社にとどまっており、それ以外は50万リンギの支払いを求めている。

 プロトンは販売代理店の整理統合費用として、既に1000万リンギの支援を受けており、年内に販売店数を20%削減する方針を打ち出している。
《newsclip》