RSS

ベトナム中部のアヒル飼育場で鳥インフル拡大

2007年5月22日(火) 08時15分(タイ時間)
【ベトナム】ベトナム中部ゲーアン省の家畜衛生当局は21日、複数のアヒル飼育場で高病原性鳥インフルエンザが拡大しているとみられることを明らかにした。タインニエン(電子版)が伝えた。

 当局はアヒル400羽が集団死した同省ニャンタイン地区で18日にサンプル検査を実施。分析の結果、危険性が高い「H5N1」型ウイルスが検出された。隣接する飼育場でもアヒルの集団死が報告されており、関連が疑われている。同地区ではアヒルの処分を進められる一方、アヒルの移動が禁止された。
《newsclip》