RSS

電源開発、越石炭火力発電所のコンサルタント業務受注

2007年5月22日(火) 13時57分(タイ時間)
【ベトナム】電源開発は22日、ハノイの南方約100キロのニンビン省に建設されるニンビン2石炭火力発電所(出力33万キロワット)のコンサルタント業務をスイスのコレンコ・パワー・エンジニアリングと共同受注したと発表した。事業者のベトナム電力公社に対し、国際入札支援、施工監理に関するコンサルタント業務を行う。契約額は約7億円。
 
 ニンビン2は2011年運転開始の予定。ベトナム北部で産出される無煙炭を燃料に使用し、脱硫効率95%の全量式湿式脱硫装置を設置する。建設費は447億円で、うち339億円を円借款で調達する。
《newsclip》