RSS

シンガポールの通年成長率予測、5—7%に上方修正

2007年5月22日(火) 17時23分(タイ時間)
【シンガポール】シンガポール通産省は22日までに、今年第1四半期の国内総生産(GDP)伸び率(改定値)が前年同期比6.1%だったと発表した。これを受け、今年の成長率見通しを当初の4.5—6.5%から5.0—7.0%に上方修正した。

 第1四半期のGDP伸び率を分野別にみると、バイオ産業などにけん引された製造業が4.3%。建設業は9.7%、サービスは金融セクターの高成長に支えられ7.0%と好調だった。

 通産省が成長率予測を上方修正するのは年初来2回目で、電子製品の在庫が今年後半に解消すると見込まれ、シンガポールの製造業の業況に好影響を与えることを理由に挙げている。
《newsclip》